おすすめ人材派遣システム25選!メリットや選び方も解説

この記事では、人材派遣管理を効率化できる人材派遣管理システムについて、概要やメリット、おすすめのシステム25選をご紹介します。

一口に人材派遣管理システムといっても、派遣先がメインで使うものと派遣元がメインで使うものがあり、またシステムの目的や重視する機能などさまざまな特徴があるため、選択に迷われる方もいらっしゃるでしょう。この記事を参考に、自社に合ったシステムを選んでください。

人材派遣管理システムとは

人材派遣管理システムとは、人材派遣に関わるさまざまな情報を管理し、業務効率化をサポートするシステムのことです。各システムごとに備えている機能は異なりますが、基本的には派遣先での管理、派遣元での管理のいずれかが主な目的です。また、システムによっては両方が可能なものもあります。

派遣元での管理を目的とした人材派遣管理システムには、マッチング重視のもの、営業・管理重視のもの、労務・給与との連携を重視したものなどさまざまなタイプがあります。

人材派遣管理システムの主な機能

人材管理システムの主な機能と、それぞれの詳細は以下の表の通りです。

機能の名称機能の内容
求人管理派遣先から得た求人情報を管理する機能
応募者管理求人媒体からの応募者を自動受付および管理する機能
スタッフ管理派遣元と派遣先双方で派遣スタッフを管理する機能
マッチング管理求人媒体と応募者のスムーズなマッチングをサポートする機能
派遣先管理派遣先企業の情報を管理する機能
契約管理案件ごとに契約内容や条件を入力し、派遣先企業に提出する機能
給与管理派遣スタッフの給与を自動的に計算する機能
請求管理派遣先企業へ提出する派遣料金請求書を自動作成する機能
勤怠管理派遣スタッフの勤怠を管理する機能

なお、システムによって搭載されている機能は異なります。自社に必要な機能を洗い出し、その機能が搭載されているシステムを選ぶことが大切です。

人材派遣管理システムを導入するメリット

人材派遣管理システムを導入する最大の目的は、人材派遣管理業務の効率化です。しかし業務効率化以外にも、人材派遣管理システムにはさまざまなメリットがあります。

ここからは、人材派遣管理システムを導入するメリットをご紹介します。

契約・案件管理の効率化

人材派遣管理には、契約や案件の管理が含まれます。人材派遣管理システムを導入することで、複数の契約や案件を一元管理するとともに一部の自動化が可能です。

派遣している企業が増えるほど、契約内容やクライアント情報、案件のステータスといった情報の管理の負担が大きくなります。一元管理で自動化すれば、派遣する企業が増えても効率的な管理が可能です。

勤怠・給与管理効率化

人材派遣管理システムでは、勤怠・給与管理も一元化できます。人材派遣管理システムには勤怠・給与管理機能を備えていないタイプもありますが、外部システムとの連携が可能なものが数多くあるためです。

派遣スタッフが増えるほど勤怠・給与管理の負担も増え、手作業の場合はミスが発生するおそれがあります。ミスの発生はスタッフのみならず派遣先への信頼も失いかねません。

人材派遣管理システムを導入すればシステム自体、あるいは勤怠システムと連携して一元管理が可能です。また、勤怠・給与管理の一元化は、経営状況の把握にも役立つでしょう。

マッチング精度と効率の向上

人材派遣管理システムでは、マッチング精度と効率化も可能です。人材派遣管理システムはスタッフ情報を一元化するだけではなく、得意分野や勤務地などの属性も管理できるためです。

スタッフに関する情報をフィルタリングし案件に合った人材をすぐに検索できれば、案件と人材のマッチング精度が上がります。

また、派遣社員自身が希望条件から案件を検索できるシステムがあれば、スタッフ稼働率の向上が期待できるでしょう。

セキュリティの強化

人材派遣管理システムには、セキュリティを強化できるメリットもあります。

人材派遣会社は業務の性質上、名前や住所、職歴など多くの個人情報を扱います。万が一、個人情報が流出したり紛失したりすると信頼問題になり、場合によっては倒産のリスクも高まるでしょう。

人材派遣管理システムを導入して紙によるアナログ管理をやめることで、個人情報の紛失や流出を防げます。

確実な法令対応

法令に確実に対応できる点も、人材派遣管理システムのメリットです。派遣業務に関する法令改正が行われた際には、人材派遣管理システムの提供企業が対応してもらえるためです。

法令改正への対応が遅れると企業の信用に悪影響があり、派遣先企業を切られたり応募者が減ったりなどのリスクがあります。

人材派遣管理システムは、運営企業に法令改正に遅れや漏れなく対応してもらえます。また、派遣に関する法令改正のニュースに気を配る必要がありません。

人材派遣管理システムのデメリット

人材派遣管理システムの導入にはさまざまなメリットがある一方、いくつかのデメリットもあります。

ここからは、人材派遣管理システムのデメリットをご紹介します。人材派遣管理システム導入の際には、デメリットへの対処を行っておきましょう。

費用コストがかかる

人材派遣管理システムは、使い続けることが前提のシステムです。そのため、導入を検討する際には導入コストだけではなく、運用コストも見なければなりません。

企業の規模によっては、費用コストに見合ったメリットが感じにくいケースもあるでしょう。

導入を考えている企業の担当者は、導入・運用コストとメリットを慎重に比較・検討する必要があります。

使いこなせるまでメリットが感じにくい

人材派遣管理システムは、使いこなして初めてメリットが享受できます。言い換えれば、使いこなせるまでに時間がかかるとメリットが感じにくいということです。

特に導入当初は使用する社員も慣れていないため、システムの運用に戸惑う場合もあるでしょう。システム運用に戸惑うことなくメリットを早急に感じられるように、導入時のサポートが手厚いシステムを選ぶことが大切です。

おすすめ人材派遣管理システム25選

人材派遣管理システムは数多くあり、どのシステムぶべきか悩むこともあるでしょう。

ここからは、おすすめの人材派遣管理システム25選をご紹介します。それぞれの特徴や費用を確認し、必要な機能の有無や予算を比較して自社に最適なシステムを見つけましょう。

(出典:https://promo-tech.jp/)

PROMOTION TECHNOLOGY PLUS|株式会社グッドウェーブ

PROMOTION TECHNOLOGY PLUSは、株式会社グッドウェーブが運営している派遣会社向けシステムです。派遣社員データの管理や人材マッチングはもちろん、勤怠管理や給料計算が可能です。

1画面ですべてが分かる直感的な操作が特徴で、操作性のしやすさから比較的簡単に操作に慣れることができるでしょう。また、導入から運用開始までスタッフに直接サポートしてもらえるため、初めてシステムを導入する場合も安心です。

初期費用はかからず、1IDごとの費用システムであることから導入しやすい点もおすすめする理由です。

なお、業務請負会社向けのサービスに「PROMOTION TECHNOLOGY」もあります。

初期費用0円
月額費用1,988円/1ID
無料トライアルあり

(出典:https://www.uts-navi.com/lp/stacas/)

スタッフナビゲーター|ユニテックシステム株式会社

スタッフナビゲーターは、ユニテックシステム株式会社が運営している派遣会社向けシステムです。スタッフ管理・クライアント管理・引合管理・受注管理・給与管理・請求管理に対応しています。特にマッチング機能が充実しており、マッチング精度の向上を図りたい企業に特におすすめです。

20年以上の歴史があり、シリーズ合計で3,000社以上の企業で利用されています。多くの経験と実績があり、信頼性も高く安心して導入しやすいでしょう。

後述するキャスティングナビと連動可能で、派遣元・派遣先双方の派遣管理ができます。

初期費用0円
月額費用16,500円〜
無料トライアルあり

(出典:https://www.uts-navi.com/castingnavi/)

キャスティングナビ|ユニテックシステム株式会社

キャスティングナビはスタッフナビゲーター同様、ユニテックシステム株式会社が運営しているシステムです。スタッフナビゲーターとは機能性は同様ですが、キャスティングナビは業務請負業にも対応している点が異なります。

多様な勤務形態や支払い形態に対応しているほか、スタッフ管理は印象や特技などの項目でも可能です。

初期費用15万円〜
月額費用22,000円〜
無料トライアルあり

(出典:https://hrbc.porters.jp/staffing/)

PORTERS Staffing|ポーターズ株式会社

PORTERS Staffingは、ポーターズ株式会社が運営している派遣会社向けシステムです。最大の特徴として、すでに利用している派遣基幹システムに組み込んで、案件獲得やマッチングなどの業務を効率化する派遣フロントシステムである点が挙げられます。

派遣コーディネーター、派遣営業、経営・マネジメントなどさまざまな派遣業務のDXに対応しており、契約や更新管理まで一元管理が可能です。

専任スタッフがメールや電話でサポート対応してもらえるため、安心して利用できます。初めての場合はもちろん、不明点が出た場合や不具合が生じた際にも万全な体制でのサポートが期待できるでしょう。

初期費用10万円~
月額費用16,500円/1ID(11ID以降は8,250円/1ID)
無料トライアルあり

(出典:https://www.matchingood.co.jp/)

MatchinGood|株式会社ブレイン・ラボ

MatchinGoodは、株式会社ブレイン・ラボが運営している派遣会社向けシステムです。

最大の特徴として、人材業界出身のスタッフが現場での使いやすさを重視して設計した点が挙げられます。一例としては、マッチングした求人案件やスタッフの紹介は1クリックで可能です。

また、自社フローに合わせて表示する項目を自由にカスタマイズできます。

MatchinGood内の求人データは主要な求人媒体にそのまま同時に掲載可能であるほか、選考進捗管理もできます。

初期費用0円
月額費用22,000円~
無料トライアルあり

(出典:https://myric.jp/ma/haken/)

マイリク|株式会社ブレイン・ラボ

マイリクはMatchinGood同様、株式会社ブレイン・ラボが運営している派遣会社向けシステムです。

求職者へのアプローチと社員定着支援を目的としたLINE公式アカウントの拡張ツールである点が、マイリクの最大の特徴です。

求職者へのアプローチの自動化・効率化を目的としたMAプランと、派遣社員の定着率アップを目的とした定着戦略プランが選べます。MAプランから定着支援プランへの変更は可能ですが、定着支援プランからMAプランへの変更はできません。

自社での運用が難しいとお考えの場合は、マイリクの運用を提供会社であるブレイン・ラボに依頼できます。

初期費用10万円~
月額費用33,000円~
無料トライアルあり

(出典:https://www.e-staffing.co.jp/)

e-staffing|株式会社イー・スタッフィング

e-staffingは、株式会社イー・スタッフィングが運営している派遣先・派遣元双方で利用できるシステムです。株式会社イー・スタッフィングは、パーソル・パソナ・リクルートの派遣大手3社によって立ち上げられました。

e-staffingは、複数の人材派遣会社とのやり取りを一元化できます。

運用費用は派遣元企業が負担し、派遣先は費用負担がないことが特徴です。法定帳票を電子管理し、コンプライアンスが徹底できる点がおすすめする理由です。

初期費用0円
月額費用1,100円/1ID
無料トライアルなし

(出典:https://casting-one.jp/castingone-haken/)

CastingONE|株式会社CastingONE

CastingONEは、株式会社CastingONEが運営している採用業務の効率化と採用候補者の掘り越しに優れた採用DXプラットフォームです。仕事情報を提供する際に主にメールやLINEを利用しており、採用率・稼働率の向上に効果が期待できます。

CastingONEを導入すると、営業窓口の担当者とサポート専門の担当者がそれぞれ付きます。専門の担当者によるサポート体制が万全であるため、初めてシステムを導入する際の不安も解消できるでしょう。

派遣スタッフの稼働率を向上させたい企業に、特におすすめです。

初期費用要問い合わせ
月額費用要問い合わせ
無料トライアルなし

(出典:https://stellas-hakenkanri.com/)

ORDIA|株式会社ステラス

ORDIAは株式会社ステラスが運営している、人材サービス企業に特化したオールインワンパッケージシステムです。長期派遣・短期派遣・単発派遣・契約社員とさまざまな労働形態に対応しているため、システム選びに悩んでいる場合にもおすすめです。

初期費用が比較的高額であるため、大企業向けのシステムといえるでしょう。システム運用から業務改善案の提案、導入時の従業員への教育まで、手厚いサポートがあります。

また、社保算定処理や年末調整処理にも対応している点も特徴です。

初期費用110万円~
月額費用16万5,000円(5名まで)
無料トライアルあり

(出典:https://jobs.technologies-group.co.jp/)

jobs|株式会社テクノロジーズ

jobsは、株式会社テクノロジーズが運営している中小派遣会社支援向けの人材派遣管理システムです。

月額費用のみでID数に制限なし、追加機能なしのシンプルな価格システムを採用しており、大きい予算が確保できない企業でも導入しやすいでしょう。

シンプルで直感的に使える画面構成で、初めて導入する場合もスムーズな操作ができるほか、カスタマイズ開発にも対応可能である点も特徴です。

初期費用0円
月額費用33,000円
無料トライアルあり

(出典:https://cross-staff.net/)

CROSS STAFF|株式会社アイル

CROSS STAFFは、株式会社アイルが運営している人材サービス企業や派遣会社向けのクラウド型スタッフ管理・マイページ構築システムです。

登録者ごとにマイページを作成できるため、情報の伝達漏れを防げます。

クラウド式で初期費用がかからないため、初期費用を抑えたい場合にもおすすめです。

専用のビジネスチャットアプリ「CROSS TALK」で、スタッフとやり取りが可能になる追加コースもあります。CROSS TALKはメッセージの既読・未読が確認できるため、情報が登録者に伝達できているかの確認が容易です。

初期費用0円
月額費用33,000円~
無料トライアルなし

(出典:https://www.staffexpress.jp/contents/service_lp/)

STAFF EXPRESS|株式会社エスアイ・システム

STAFF EXPRESSは、株式会社エスアイ・システムが運営している人材派遣・人材紹介・業務請負のすべてに対応した業務管理ツールです。

最大の特徴は、オールインワンシステムで顧客の請求管理まで可能である点です。セブン銀行と連携して、即時に振込決済が完了する独自のサービスもあります。

月額制だけではなく買い切りも可能であり、予算や利用方法によって選択できます。

初期費用0円
月額費用25,000円(スモールプラン)~
無料トライアルなし

(出典:https://www.nesty-g.co.jp/gstaff/)

Gスタッフ|株式会社ネスティ

Gスタッフは、株式会社ネスティが運営している派遣・請負・紹介スタッフのステータスを登録および管理できる派遣管理パッケージシステムです。

クラウドとオンプレミスから選択できますが、オンプレミスの場合の価格は要相談となるため、価格を確認してからどちらを選ぶかを判断しましょう。

案件と各スタッフを紐づけた「JOB」ごとに、契約を管理できるシステムが特徴です。主に勤怠管理、契約管理、請求管理や労務管理などの人材管理に秀でています。

初期費用90万円~(クラウドサービスの場合)
月額費用12万5,000円~(クラウドサービスの場合)
無料トライアルなし

(出典:https://www.huapp.co.jp/service/staffv/)

The Staff-V(旧:The Staff-2000)|株式会社ヒューアップテクノロジー

The Staff-Vは、株式会社ヒューアップテクノロジーが運営している人材ビジネス業を総合的にサポートする業務効率化ツールです。スタンドアロン・LANタイプ、WANタイプ、クラウド利用の3タイプから選べます。

規模・用途に合わせてゴールド、シルバー、ブロンズの3種のシステム構成が選べ、利用できる機能が選択できます。これにより、不要な費用コストがかかりません。

また、担当者向けのトレーニングセミナーを定期的に開催しています。より業務の効率化を図りたい場合は、ぜひ利用したいサービスです。

初期費用要問い合わせ
月額費用要問い合わせ
無料トライアルなし

(出典:https://www.huapp.co.jp/service/digisheetsource/)

DigiSheet|株式会社ヒューアップテクノロジー

DigiSheetはThe Staff-V同様、株式会社ヒューアップテクノロジーが運営しているシステムです。人材派遣業に特化した勤怠業務効率化サービスである点が、The Staff-Vと異なります。勤怠の打刻からデータ集計まで一括操作でき、業務リスクの削減が可能です。

DigiSheetの特徴として、クラウド式でインストール不要でありブラウザから操作できる点が挙げられます。

また、オプションカスタマイズも相談可能であるため、自社に合ったシステムを構築できます。さらに、最短1ヶ月で導入可能です。

初期費用要問い合わせ
月額費用要問い合わせ
無料トライアルなし

(出典:https://www.hakencan.com/)

派遣can|株式会社BEAM.I

派遣canは、株式会社BEAM.Iが運営している人材派遣会社向けの派遣業務グランドシステムです。最大の特徴として、必要な機能だけを選べて費用のコストダウンが可能である点が挙げられます。

規模に応じて派遣canライト、派遣canSTARTING10、派遣canウルトラQの3つのコースが選択可能です。最大30日間の無料トライアル期間があるため、まずは操作性や機能面を確認してから導入しましょう。

初期費用要問い合わせ
月額費用要問い合わせ
無料トライアルあり

(出典:https://life-ship.jp/app/)

Lite Ship|Life Ship株式会社

Lite Shipは、Life Ship株式会社が運営しているキャリア支援強化と営業強化を目的とした人材派遣評価システムです。自己評価、派遣先評価、派遣元評価のすべてに対応しています。

契約更新確率の現況を数字で確認可能であるほか、評価項目の作成や評価進捗管理の状況が一目で分かります。

派遣社員の評価項目は複数から選択してセット可能であり、派遣元の評価は自己評価と派遣先評価を見ながら入力可能です。

初期費用要問い合わせ
月額費用要問い合わせ
無料トライアルあり

(出典:https://www.quo-haken.com/)

クオリード人材派遣クラウド|株式会社アドソフト

株式会社アドソフトが運営している、煩雑な人材派遣管理業務を効率化するクラウド型人材派遣管理システムです。オンプレミスタイプも選択できるため、それぞれのメリットやデメリット、特徴からどちらが良いかを判断しましょう。

特徴として、タイムカード取り込み機能や事業報告書出力機能などをオプションで追加可能であることが挙げられます。また、勤怠システムとの連携も可能であるため、既存のシステムがある場合は特におすすめです。

初期費用55,000円~
月額費用1ユーザー19,800円~
無料トライアルなし

(出典:https://onehr.jp/)

One人事|One人事株式会社

One人事は、One人事株式会社が運営している労務・勤怠・給与・タレントマネジメント・ChatGAI・公務員向けのPublicで構成される人事労務のすべてを管理するシステムです。

労務管理・勤怠管理・給与計算などの基本的管理から評価、スキル管理、人材育成から離職防止まで対応できる機能性の高さが特徴です。人事労務に関する作業をひとつのIDで、同じ操作で行えます。

必要な機能のみを選択して導入できるため、不要な費用コストを省ける点もメリットです。

初期費用要問い合わせ
月額費用要問い合わせ
無料トライアルなし

(出典:https://www.oa.obic.co.jp/solution/search/detail.html?pdid=gsl_service_haken)

人材派遣業向けシステム|株式会社オービックオフィスオートメーション

人材派遣業向けシステムは、株式会社オービックオフィスオートメーションが運営している登録から請求、支払いまで対応した勤怠・就業管理支援システムです。

最大の特徴は、スタッフのランク評価と基本給や時給などの紐づけができる点です。

スポットから長期にわたる業務までさまざまな作業時間に対応可能であるほか、外部スタッフをキャスティングし、自社スタッフと同様のフローで勤怠管理できます。

初期費用要問い合わせ
月額費用要問い合わせ
無料トライアルなし

(出典:https://www.altius-link.com/hrstation/)

HRstation|アルティウスリンク株式会社

HRstationは、アルティウスリンク株式会社が運営している派遣利用に関する一連の業務を効率化できる人材派遣管理システムです。派遣スタッフを受け入れている派遣先企業向けのシステムであり、派遣社員のデータを個人ごとや事務所ごとに管理できます。

KDDIによる安心のサポートを備えている点が特徴です。初めて導入する場合も、サポート体制が充実しているため安心して利用できるでしょう。

初期費用0円
月額費用880円/1ID~
無料トライアルあり

(出典:https://goodjob.ca-m.co.jp/)

グッジョブ|キャリアアセットマネジ株式会社

グッジョブは、キャリアアセットマネジメント株式会社が運営している派遣先向け派遣管理クラウド型システムです。派遣元と複数の人材派遣会社間のデータのやり取りを、クラウドで一元管理可能にします。

特徴として、エントリー状況や入社の進捗を一目で確認できることや、時間外残業時間や休憩時間の自動算出などの勤怠管理が充実している点が挙げられます。

スタッフ評価やスタッフ一斉通知、スタッフ情報管理などの派遣社員マネジメントにも対応したシステムです。

初期費用要問い合わせ
月額費用要問い合わせ
無料トライアルなし

(出典:https://ts.e-creation.jp/)

e-naviタイムシート|株式会社イー・クリエーション

e-naviタイムシートは、株式会社イー・クリエーションが運営している勤怠管理に特化したクラウドサービスです。一般企業向けのS型と、人材派遣会社向けの派遣型があり、人材派遣会社も利用できます。

豊富な機能がワンクリックで利用できる、シンプルな操作性が特徴です。また、CSVファイルを出力して給与ソフトと連携できるため、既存の給与ソフトをすでにご利用の場合にもおすすめです。

初期費用0円
月額費用250円/1ID~(801名以上の場合)
無料トライアルあり

(出典:https://service.cloud-staffing.jp/)

クラウドスタッフィング|株式会社クラウドスタッフィング

クラウドスタッフィングは、株式会社クラウドスタッフィングが運営している人材派遣の発注・契約・勤怠・請求・評価を派遣先・派遣元共通のプラットフォームで管理する派遣管理システムです。

特徴として、登録された契約のステータス管理ができ、締結した契約書はPDF出力できる点や、クローズドSNSでスタッフとコミュニケーションできる点が挙げられます。

派遣先企業も評価管理、契約管理ができる点もおすすめする理由です。

初期費用要問い合わせ
月額費用要問い合わせ
無料トライアルなし

(出典:https://e-densin.jp/)

e心伝心|サイバーキューブ株式会社

e心伝心は、サイバーキューブ株式会社が運営している派遣スタッフ管理システムです。短期・単発に特化しており、イベントや販売PRなどに人材を派遣する企業向けといえるでしょう。

スタッフへの勤怠アラートやスケジュール管理で、短期・単発案件で起こりうる遅刻や現場間違いを防止します。起床報告をしていないスタッフに対して、モーニングコールする機能もあります。

スタッフ1,000人まで固定料金で導入可能なため、コストパフォーマンスも抜群です。

初期費用0円
月額費用33,000円~
無料トライアルあり

人材派遣管理システムを選ぶポイント

人材派遣管理システムは、提供企業ごとに機能や特徴、導入・運用コストが異なります。導入する目的や予短期・単発算に合わせて選ばなければ、費用コストに見合ったメリットが得られません。

ここでは、人材派遣管理システムを選ぶポイントをご紹介します。

クラウド型かオンプレミス型か

人材派遣管理システムは、クラウド型とオンプレミス型の2種類に分かれます。

クラウド型とは、インターネット上の仮想サーバーを利用するタイプのことです。

初期費用が抑えられる、導入が簡単であるなどのメリットがあります。一方で、不具合発生時に自社で対応できなかったり、システムのカスタマイズの自由性が低かったりなどのデメリットもあります。

オンプレミス型とは、自社サーバー内にシステムを設置して運用および管理するタイプのことです。

システムの運用管理が自社でできるため自由度が高いというメリットがある一方で、導入時に費用コストがかかったり保守点検に人員が必要であったりなどのデメリットがあります。

対応している機能内容と幅広さ

必要な機能が搭載されているか、機能内容が幅広いかという点も、人材派遣管理システムを選ぶ際に確認すべきポイントです。

人材派遣管理システムは、各サービスごとに機能の内容と対応範囲が異なります。自社に合ったシステムを選ぶためには、システムを導入する目的を明確にする必要があります。重視する機能が、案件とのマッチングなのか、案件や契約の管理なのか、労務・給与管理なのかで導入するシステムを選びましょう。

必要な機能の判断が難しい場合は、できるだけ幅広い機能に対応したシステムを選ぶことをおすすめします。

操作のしやすさ

人材派遣管理システムを選ぶ際は、操作のしやすさも重要です。

使いづらいシステムを選ぶと、担当者が操作に慣れるまでに時間がかかります。直感的に操作できる分かりやすいシステムを選ぶことで、担当者がすぐに操作に慣れてシステムを有効活用できるでしょう。

逆に、操作が複雑なシステムを選ぶと担当者が慣れるまでに時間がかかり、業務の効率化どころか業務が捗らなくなる危険があります。

導入・運用時のコストパフォーマンス

人材派遣管理システムの導入・運用におけるコストパフォーマンスについても、確認しておきましょう。

人材派遣管理システムの導入・運用コストは、クラウド型かオンプレミス型か、初期費用がいくらか、定額制かIDごとかなどでサービスごとに異なります。

特に初めての導入の際は買い切り型のサービスは避け、初期費用がかからないクラウド型の導入がおすすめです。

サポート体制の充実

システムの保守・サポートの形式や、全国でサポート対応が可能かなど、サポート体制が充実しているかも確認しましょう。

電話やメールによるサポートだけではなく、遠隔操作や社員の訪問サービスがあればより安心です。

特にサービス導入時はマニュアル配布だけではなく、社員へのワークショップやセミナーなど提供企業から直接サポートを受けられるサービスがおすすめです。

無料トライアルの有無

人材派遣管理システムは、可能な限り無料トライアルのあるシステムを選びましょう。

システムの機能だけでなく、サポート体制や内容についても無料トライアルで確認できます。

人材派遣管理システムのような業務の基幹に関するシステムは、実際の環境で触って確認した上で導入したいものです。無料トライアルがあれば必要な機能を備えているか、操作が簡単かなどが確認できます。

無料トライアル期間内にシステムの有効性が判断できるよう、チェックするポイントはあらかじめ決めておきましょう。

既存システムとの連携

給与計算システムや勤怠管理システムがすでに設置されている場合は、それらと人材派遣管理システムで連携が取れるかも確認しましょう。既存システムと連携ができれば、システムに新たに情報を入力する手間が省けます。

採用している既存システムと連携できるかは、システムによって異なります。既存システムと人材派遣管理システムで同じ内容を二重入力しないで済むよう、提供会社に事前に確認しましょう。

まとめ

人材派遣管理は、派遣先企業やスタッフが増えるほど複雑化して手間がかかります。担当者の負担軽減や、情報処理のミスを防ぐために役立つのが人材派遣管理システムです。

人材派遣管理システムのメリットとデメリットを把握した上で、ご紹介した選び方のポイントを参考に最適なシステムを導入しましょう。

PROMOTION TECHNOLOGY(https://promo-tech.jp/)は次世代型の人材管理システムです。
PROMOTION TECHNOLOGYなら、やることが多い人材管理業務向けにさまざまな機能が揃って業界最安値です。
人材管理業務でお困りの方はお気軽にお問い合わせください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です